FC2ブログ
2014 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 04

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着衣巨乳フェティシズム あかねのニット編

kage

2014/03/28 (Fri)







オッパイだけでも十分楽しめる素材ですが、一部顔射カットも。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

精子ちょうだい あおば結衣

kage

2014/03/26 (Wed)





ドリームウーマンVol.94 つぼみ

kage

2014/03/14 (Fri)







http://www.moodyz.com/images/works/migd582/migd582jp-3.jpg

精液耐性が高く実績十分の"つぼみ"出演顔射物にハズレ無しか。
Sample動画を見た感じでは傑作の予感。
右目に垂れ落ちる精液をものともせず開眼、両目を精液で塞がれるも
苦も無く開眼し余すところなく精液を受け止める姿勢は圧巻です。
【レビュー追記】
全編通して見所多数。精液耐性は極めて高く、受けっぷりや開眼率も
他の追随を許さないレベル。ただ、後半のザーメンソムリエ的な内容は
個人的には一切不要だと感じました。ジャケ写のようなつぼみらしい
外観とは異なる、濃いめの化粧・衣装でのシーンもありますが、こちらは
ほぼ開眼無し。また、回数こそ極めて少ないが男優自身の手コキ射精ではなく、
つぼみ手コキでの射精あり。搾り取る感じが出るため、個人的には女優が
主体的に射精に導くスタイルは好感が持てます。
我が家でも顔射時は嫁主導で射精する事があり、射精後も容赦ない扱きや
余すところなく吸い尽くすお掃除フェラを延々と行うため、その度に
悶絶しつつ必死に耐える事もあります。
話が逸れましたが・・濃いめのシーン後は従来通りのつぼみスタイルに
戻り、開眼も当たり前のようにこなすシーンが満載です。
ほぼ全編通して見所満載の傑作であり、間違いなく2014年度顔射物TOP3の
一角を担う逸品。おススメです。

すっごい量の一発顔射 安土結

kage

2014/03/14 (Fri)







http://www.moodyz.com/images/works/mide094/mide094jp-9.jpg

比較的見応えのある射精が多く、良作になり得る要素あり。
後日レビュー予定。

【レビュー追記】
ロリ系の見た目は正直苦手ではありますが、プレースタイルは
なかなか積極的かつ濃厚なアプローチ。巨尻な点も評価したい。

[1戦目] フェラ→顔射
そこそこの濃度と量を発射した初弾が、右ほおを大きく逸れ
全く着弾しない悲しい開幕となるも、2発目を鼻すじと眉間、
3発目を右ほお、4発目を眉間、5発目を右目、6発目を左目、
7発目を左ほお、8発目を右鼻孔付近と、左右にしっかりと
打ち分け。1発毎の量は並だが、しっかり左右に打ち分け
着弾させているため、それなりに見応えあり。
初弾が全液命中していれば、より見映えの良い状態に
なり得ただけに残念。そこまで大量ではないが、及第点の
量・濃さを冒頭より見れた時点で、期待の持てる作品となった。

[2戦目] 正常位→顔射
抜いた後に男優が耐え切れず、またも初弾を全液無駄にする
開幕となる。2発目も勢い余って顔面上空を飛翔し、微量の着弾。
この2発分ロストで、少々厳しい顔射状況に。
3発目は微量を眉間に。4発目も眉間上方に発射し、髪を伝って
眉間へ。5発目も勢い良すぎて頭部を超えて一部髪に着弾。
実質3発目のロスト。6発目を右目沿いに。7発目を唇付近に
発射し終了。3発消失分が全液着弾していれば、それなりに
映える射精になり得たのではないでしょうか。

[3戦目] フェラ→顔射
1発目は右目付近に極めて微量の射精。2発目は眉間から
左側鼻すじ沿い。3発目は同じライン取りで右側鼻すじに
沿って射精し、右鼻孔を縦断。4発目は右眉、5発目は
2発目を同じラインを辿る射精を放ち、6発目は眉間下部へ。
7発目は右ほおへ微量、8発目は左口元に微量発射し終了。

[4戦目] 正常位→顔射
初弾は右ほお・目・眉を縦断し着弾、2発目は右鼻孔に微量かつ
直後に左目付近に極めて微量の射精を放出。その後目立った
射精は無く、非常に物足りない射精となった。
3~4戦たっぷり射精し尽した後の残りカスのような。。

[5戦目] フェラ→W顔射
西川ゆい出演作以降、「すっごい量の一発顔射」シリーズの
トレンドとなる2人男優のW顔射シーンへ。
1人目は4発程度を両目付近に集中砲火。量としてはかなり
微妙ですが、着弾した部位が良かった。
2人目も同程度の射精を放ち、終了。射精量の多い方であれば
一人で普通に出せる量であった点は残念ですが、発射した精液は
全弾命中させているため、そこそこ見れる状態に。

[6戦目] バック→顔射
今作のロスト率を象徴するように、初弾が右眉を直撃、反射し
ほぼ顔面外へ。2発目は左眉上部へ、3・4発目は微量を眉間付近、
5発目は極めて少量を左目付近に放ち終了。

[7戦目] 3P顔射
1人目は微量4発、2人目も水精液を少量発射しフィニッシュ。
最終戦は射精として全く見所の無し。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。